ひとり暮らしのあれこれ

考えたこと、思ったこと、日々のできごとを綴ります。ほとんど私的な日記。本のこと、中国語・語学、旅など。

手帳が続かないズボラの日記手帳

今週のお題「わたしの手帳術」

 

日記は、続かない。家計簿は、途中で投げ出す。手帳は、後半白紙。

こんな三日坊主人間が、もうすぐ手帳「継続一周年」を迎えることができそうだ。

私は、2018年は手帳を買っていない。

変わりに、B5サイズのハードカバーのノートに、こちらの手帳シールを貼って利用している。

Custom Diary Stickers| グリーティングライフ

10月から、このノートに家計簿と日記もまとめることにしたところ、案外、一年続いている。

手帳術というほど大げさなものではないが、続けるコツは「いい加減にやる」ことだと思っている。

 

まず私は月初めに、ノートみひらきの、左のページに手帳シールを貼る。これは、B5に収まるマンスリーカレンダーの形をしている。付属の付箋シールもあるのでこれも貼る。これが手帳のページになる。このシール、どちらも何度も貼り直せるので、斜めになっても張り直しができる。

右のページは、家計簿のページにすることにしている。

ここは細かすぎないことが大切だ。ページを縦に二分割、上段に「食費」「飲食(外食費)」、下段に「日用品」「その他」「交通費」の見出しを付け、それぞれの項目で使った金額と日付を書いていく。

ここで、事細かに項目を書くと続かない。だから食費なんかは日付と金額しか書いていない。

そして、その後のページは日記を書いていく。

ここでも、毎日書こうと思っても続かないので、ある程度適当にやる。毎日書けなくても気にしない。書きたいこと、記録しておきたいことを書いていく。

旅行記もこのスペースに書く。いつ誰とどこに行って、いくら使ったかをメモするようにしている。

手帳と一緒のノートに書いているので、見返すとき便利だと思っている。

そして一ヶ月が終わる頃に、見開きの左側から手帳を始めるのだ。

手帳がシールだと、日記がどれだけの長さになっても、好きなページから翌月の手帳を始められるので、ページの制約がなく、ストレスが少ないことも気に入っている。

f:id:ottoriyuttari:20180925211829j:plain

f:id:ottoriyuttari:20180925204349j:plain

右のページに手帳のシールを貼り、左のページは家計簿に使用

 

この9月が終わると一周年。シールは12月まであるので、こつこつ続けていきたいと思う。