ひとり暮らしのあれこれ

考えたこと、思ったこと、日々のできごとを綴ります。ほとんど私的な日記。本のこと、中国語・語学、旅など。

持ちすぎない暮らし

ときどき無性に、トランクひとつで出奔したくなることがある。

今は、季節がいいから特に、明るい日差しの中で思いっきり深呼吸したい。知らない街へ行って、おいしいものを食べて、景色に見とれて。

 

実際はトランクに家財をまとめるのは無理だ。引っ越しの小さいトラックでも収まらないかもしれない。

だから余計にくさくさする。

 

そんな気持ちを慰めるために、私が読むのが「物を減らす」本や「持ち物にこだわる」本だ。断捨離でもミニマリストでもロハスでもかまわない。

 

今回読んだのは『「持ちすぎない」暮らし』(金子由紀子,PHP研究所

 

物を少なくする方法、もらい物を安易に家に入れないこと、などは他の本でも紹介されていて特に目新しくはなかった。(これだけいろんな本に書いてあるのだからそれだけ大切なことなんだと思う)

ただ、「物を持たないこと」を考えすぎて物欲を抑えてしまうと、衝動で要らないものを買ってしまったりして良くないから欲しいものリストを作ろう、というところだけは面白いと思った。

修行みたいに物を減らしても辛いだけだもんな。要らないものを買わないために、欲しいものを吟味して家に迎え入れてあげればいいということには共感した。

 

ぜひ「欲しいものリスト」実践してみようと思う。