ひとり暮らしのあれこれ

考えたこと、思ったこと、日々のできごとを綴ります。ほとんど私的な日記。本のこと、中国語・語学、旅など。

手帳が続かないズボラの日記手帳

今週のお題「わたしの手帳術」

 

日記は、続かない。家計簿は、途中で投げ出す。手帳は、後半白紙。

こんな三日坊主人間が、もうすぐ手帳「継続一周年」を迎えることができそうだ。

私は、2018年は手帳を買っていない。

変わりに、B5サイズのハードカバーのノートに、こちらの手帳シールを貼って利用している。

Custom Diary Stickers| グリーティングライフ

10月から、このノートに家計簿と日記もまとめることにしたところ、案外、一年続いている。

手帳術というほど大げさなものではないが、続けるコツは「いい加減にやる」ことだと思っている。

 

まず私は月初めに、ノートみひらきの、左のページに手帳シールを貼る。これは、B5に収まるマンスリーカレンダーの形をしている。付属の付箋シールもあるのでこれも貼る。これが手帳のページになる。このシール、どちらも何度も貼り直せるので、斜めになっても張り直しができる。

右のページは、家計簿のページにすることにしている。

ここは細かすぎないことが大切だ。ページを縦に二分割、上段に「食費」「飲食(外食費)」、下段に「日用品」「その他」「交通費」の見出しを付け、それぞれの項目で使った金額と日付を書いていく。

ここで、事細かに項目を書くと続かない。だから食費なんかは日付と金額しか書いていない。

そして、その後のページは日記を書いていく。

ここでも、毎日書こうと思っても続かないので、ある程度適当にやる。毎日書けなくても気にしない。書きたいこと、記録しておきたいことを書いていく。

旅行記もこのスペースに書く。いつ誰とどこに行って、いくら使ったかをメモするようにしている。

手帳と一緒のノートに書いているので、見返すとき便利だと思っている。

そして一ヶ月が終わる頃に、見開きの左側から手帳を始めるのだ。

手帳がシールだと、日記がどれだけの長さになっても、好きなページから翌月の手帳を始められるので、ページの制約がなく、ストレスが少ないことも気に入っている。

f:id:ottoriyuttari:20180925211829j:plain

f:id:ottoriyuttari:20180925204349j:plain

右のページに手帳のシールを貼り、左のページは家計簿に使用

 

この9月が終わると一周年。シールは12月まであるので、こつこつ続けていきたいと思う。

 

キャリアに正解なんかあるのか?

仕事を辞めることにした。

今月中に上司に言うつもりだ。

 

で、「仕事 辞める」とかで検索したときに出てくる「仕事辞めていい人ダメな人」みたいな記事について思ったことを、つらつら書こうと思う。

 

仕事を辞めるのに「いい/悪い」という善悪、もしくは正解があるのかないのか。

この系統の記事は、働く人が一般的に、仕事を辞めたいと思うそれぞれのケースに応じた「辞めるべき」「辞めないべき」という回答が書いてある。

私も辞めるか悩んでいたときに読んだことがある。

その時はなんとなく納得していたが、辞めると決めてからこの記事を見たとき、ふと、「これはを基準にした「辞めないべき」なのか」という疑問が湧いた。

それから思った。

 

これは、状況によるジャッジではないか。

 

 

私は、辞める状況がどんなものであれ、辞めたことが間違いだったと判断するのは、辞めた人が後悔したときではないのかと思う。

不正解だと判断するのが個人である以上、その人が「今」置かれている状況だけが、未来の「辞めるべきだった」や「辞めないほうがよかった」を決定することはありえない。

また、仕事を辞めることを客観的に見た場合、そこには正解も不正解もない。辞めた人がその事実をジャッジして、初めて意味付けがなされるのだから。

しかも、人間は一人一人価値観や考え方が違うのだから、たとえ二人の人間が全く同じ状況に置かれていたとしても、ジャッジの仕方は変わってくるだろう。

そのため、辞めたい状況別の回答が絶対的であるはずがない。

 

それらの記事の内容が本当に合っていたのか確認できるのは、「辞める」もしくは「辞めない」選択をした先の話だ。

 

 

絶対的な正解はない。

だから自分で選択していけばいい。

 

今置かれている状況だけを考えて流されるよりはいいと思っている。

ワンセグ機能のない携帯…

スマホiPhone)と携帯を二台持ちしており、携帯の買い替え機種を探しています。

 

「欲しい機能は電話とSMSだけ」、(色々)面倒なのでワンセグ機能はいらない、というスタンスで探してきました。

が、「ワンセグ機能なし」を満たす機種はほぼ高齢者向けかキッズ向け。

どっちにも妥協できず、悶々としておりました。

しかし!

auが2018年秋に出す予定のあの機種に「ワンセグ」がないではありませんか!

 

初代発売15周年記念のINFOBAR xvです!!

news.kddi.com

KDDI様のサイトにも、

 

ワンセグ ‐

フルセグ ‐

 

の表記が!

少し割高という情報と、スペックが変わる可能性がある、という情報があるので発売されてから再検討ですが、個性的なデザインは持っていてもイヤにはならなさそうです。

 

これは、買いかもしれません\( 'ω')/

北海道旅行(札幌 小樽)

今月初め、北海道旅行に行ってきました。

行ったのは札幌と小樽です。

台風で飛行機が心配でしたが、雨に降られることもなく、無事に帰ってこられました。

最高気温36度の世界から、新千歳空港に降り立った時、気温は18度。

帰ってきた今でもあの涼しさが忘れられません。

食べ物も(特に野菜!)とってもおいしかったです。あんなに玉ねぎの甘さとジャガイモのホクホク加減に感動したのは初めてでした。

 

ぜひまた行きたいと思います。

 

f:id:ottoriyuttari:20180819205051j:plain

小樽運河

申告制になったらいいのに

先日、ひとり暮らししてからはじめてNHKの方がいらっしゃいました。


テレビなし、携帯はiPhoneであることを伝えてお帰りいただきましたが、1ヶ月ほど経って、契約用紙が届きました。


住みはじめてから今まで何も来たことなかったのに……。


しかも契約書面の「払わなければいけませんオーラ」がすごい。


申告制になることを期待してるんですが…


受信機がない場合は払う必要も契約書送られる意味もないですし。


国産のケータイも、ワンセグ有無選べたら世の中もっと住みやすくなるのになあ。


相互学習〜lang-8とitalkiについて〜

私の日常生活では、中国語を話す方々と接触することが稀なので、少しでも中国語を使うために相互学習できるサイトを利用して、ネイティブと交流するようにしている。

 

今まで利用したことがあるのはlang-8とitalkiだ。

 

国語学習者の所感としてそれぞれのサイトの使い心地について書いていこうと思う。

 

lang-8(利用期間 2016〜2017)

文章添削目的で利用。友達リクエストを許可していると、ログインしただけでメッセージが届いたり、友達申請が来た。

メッセージや申請があったのは日本語を勉強している人や中国語を母語とする人からが中心で、素直に「こんなにたくさんの人が日本語を勉強しているのか」と思った。

中国語ネイティブ、特に全く日本語を勉強していない人から来るメッセージは、辞書を引いたりして必死に返信した。

メッセージは、とりあえずどう書いていいか分からなかったので、日本語ができる人に「合ってますか」「間違っていたら教えてください」って書いて中国語のメッセージを送っていた。

そこで直してもらえたフレーズは今でもとても役に立っている。

でも今思えば、中検3級合格したてぐらいのレベルの奴がやるには早かったと思う。

まとまった文章を書いて直してもらう「投稿」機能の方は、毎回5件くらいは添削が来ていたと思う。

私は、メッセージの返信で精一杯だったのであまり利用していなかった。他の人が書いた日本語の添削はぼちぼちやっていた。

何人かSNSで連絡を取ったりもした。

次第にメッセージを返すのが負担になり、友達リクエスト切ることにしたところ、メッセージはぱったり来なくなり(当たり前)、添削してもらえる数も減った。

添削の数については、もしかしたら添削や投稿をして手に入るポイントと、そのポイントに応じた順位みたいなもののせいかもしれない。

lang-8では、他のユーザーとはメール形式でやりとりする。まとまった文章を送ってくることが多かったように思う。ノリでかえしてやる、外国語どんとこい!な人や、ある程度コミュニケーションが取れる人は楽しいかも。

ちなみに私は文章添削をメインに押し出しているサイトと思って利用し始めたので、他のユーザーから想像以上に連絡が来てパンクした。

italkiと比較しての主観では、lang-8の方が中華系ユーザーが多いと思われる。

あとlang-8は、友達になったユーザーの投稿がタイムライン形式で上がってくるので、一定のユーザーと投稿を添削し合いたい人は使いやすいと思う。あるユーザーの投稿を探したりするときはストレスが少ない。

 

italki(利用期間2017〜)

lang-8から足が遠のいてから数ヶ月で利用開始。私にはこっちの方が合っている。lang-8をあまり利用しなくなったことで中国語を使わなくなって来ていたので、利用し始めた。

italkiはlanguage partnerを探して言語交換できるサイト。文章添削の機能もあるが、言語交換相手を探すことに重きを置く人や、自分との共通点を探して繋がりたい(例えば写真が好きで写真好きと交流したい)人が集まっている印象を受ける。

やり取りはメッセージ機能からチャット形式で行う。iOSで使うと、ブラウザを開いたままでは相手の返事などが更新されなかったりするため、少し使いづらい。

ただ、一度で送ってくる文字数はlang-8と比較すると少ないと思うので、ストレスは少ないと思う。

設定からどういうことがあったとき通知が必要か決められるのは便利。どっちのサイトもレスポンスや友達申請があったときは、メールで知らせてくれるが、何を教えてくれるか簡単にカスタムできるのはありがたい。lang-8にも同様の機能あり←私は見つけるのが少し遅かった)

あとプロフィール公開を切っていても他のユーザーとのやりとりが皆無にならないことも私の中では良いポイントだ。

投稿に関して添削は2、3件ほどだ。

私の書く文章の内容やタイトルなどの目にとまりやすさも関係していると思うが、添削してもらえる数は、全体的にlang-8の方が多い。

そのほかに、italkiは有料で講師に学びたい言語を教えてもらうこともできる。

 

どちらも一長一短なので、もし言語交換サイトに登録することを検討しているなら、登録して使ってみてもいいかもしれないと思う。

瀬戸旅行

友人と2人で愛知県瀬戸市に行ってきた。

 

夜ご飯と宿泊は名古屋だったため、瀬戸は日帰りになってしまったが、とても充実した旅行だった。

 

行った時期は桜の頃。

川沿いは綺麗に整備され、陶器屋さんが並ぶ。

名古屋市内から1時間ほどしか離れていないのにのどかな空気が流れていた。

f:id:ottoriyuttari:20180505085401j:plain

 

f:id:ottoriyuttari:20180505085507j:plain

ご飯を買って川べりでお花見した。

f:id:ottoriyuttari:20180505085604j:plain

 

瀬戸は、陶器を焼く釜で使われた道具で築かれた釜垣の小径が有名だが、

 

陶器の町だけあって、町の景観の至るところに陶片やタイルがあしらわれている。

f:id:ottoriyuttari:20180505085804j:plain

 

f:id:ottoriyuttari:20180505085923j:plain

資料館や神社など、

全然回りきれていないので、是非もう一度訪れたいと思った町だった。

f:id:ottoriyuttari:20180505090050j:plain