ひとり暮らしのあれこれ

考えたこと、思ったこと、日々のできごとを綴ります。ほとんど私的な日記。本のこと、中国語・語学、旅など。

瀬戸旅行

友人と2人で愛知県瀬戸市に行ってきた。

 

夜ご飯と宿泊は名古屋だったため、瀬戸は日帰りになってしまったが、とても充実した旅行だった。

 

行った時期は桜の頃。

川沿いは綺麗に整備され、陶器屋さんが並ぶ。

名古屋市内から1時間ほどしか離れていないのにのどかな空気が流れていた。

f:id:ottoriyuttari:20180505085401j:plain

 

f:id:ottoriyuttari:20180505085507j:plain

ご飯を買って川べりでお花見した。

f:id:ottoriyuttari:20180505085604j:plain

 

瀬戸は、陶器を焼く釜で使われた道具で築かれた釜垣の小径が有名だが、

 

陶器の町だけあって、町の景観の至るところに陶片やタイルがあしらわれている。

f:id:ottoriyuttari:20180505085804j:plain

 

f:id:ottoriyuttari:20180505085923j:plain

資料館や神社など、

全然回りきれていないので、是非もう一度訪れたいと思った町だった。

f:id:ottoriyuttari:20180505090050j:plain

中国語にしたiPhoneでガラケーにメールすると文字化けする件

ずっとiPhoneの言語を中国語にしたいと思っていましたが、日本語での日常生活で支障があるため、これまで日本語のままでやってきました。

 

というのも、iPhoneの言語設定を中国語にすると、日本語のフォントが変になり、

 

言語設定が中国語のまま、普段使いしているGmailで家族のガラケーにメールを送ると、文字化けしてガラケーでは読めないのです。

 

最初は、家族にメールを送るときだけ日本語に変えていたのですが、めんどくさくなって断念していました。

 

それが、解決しました!

 

Appleの標準メールアプリから、

メール

メール

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

 

Gmailアプリに変えるだけで!

 

Gmail - Eメール by Google

Gmail - Eメール by Google

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

なんでもっと早く思いつかなかったんだろか。

 

メールアプリはひとつにまとまって便利なんですが、低電力モードにすると手動受信しかできなかったりもしていたので、今回はアプリを増やして正解だったようです。

 

ちなみに今回の送り先はauのGRATINA2です。

 

ちゃんと「読める」という返信をもらい、小躍りしています。

 

他社や他端末ではどうか分かりませんがご参考までに。 

年度が終わる 今の気持ち

1年が終わるにあたって今の状態を省みる。


今年も年度が終わろうとしている。


生きることは時間の連続だと改めて実感する。時間にはほんとは「1年」とかいう節目はなくて、ただ流れるように、手の間からこぼれ落ちるように過ぎていく。


最近は、気だるさのような虚しさが支配していて、何もしたくないような気分によくなる。

何をしても一緒でしょ、進むも退くも地獄でしょと諦めて、

興味のあることもメリットとデメリットの秤にかけて、

いまいち踏み切れない自分に業を煮やしながらも、

自分の将来に不安を覚えずにはいられない。


この状況は打破しなければいけないと思う。

どうせ何かを選択してどこかに進んでいかなければならないのなら、流されるのでなく自分で選びたい。


次の年は何か挑戦する年にしたい。

自分はなぜ中国語を勉強しているのだろう

人から聞かれて改めて考えてみた。

 

言葉は、自分のいる世界とは違う世界に渡る鍵だと思う。

 

海外旅行に行ったり留学したり物理的にあちらに渡るだけじゃなくて、日本語のラングを共有して同じような世界を見ている日本人という集団から飛び出て、違うラングから異なる考え方や世界の切り取り方を垣間見られる橋。

人間は言葉という記号で世界を切り分けている。

私は、違う切り取り方で世の中を見てみたくなった。

 

中国語を勉強し始めたきっかけは、打算的だった。

世界で最も使う人が多い言葉だし、漢字を使っているので学びやすそう。

台湾ドラマを字幕なしに見れるようになりたい。

勉強し始めたら楽しかった。

きっかけはそんなものだ。

 

でも中国語を学ぶ中で、中国からの「視点」を手に入れたい。そう思った。だから今も勉強が続いているのだと思う。

 

私がそう思ったきっかけは、短期語学交流で中国に滞在したことだった。

とても新鮮で印象深い滞在だった。

空気の違い。美味しい料理。街の様子。生活する人々。当たり前だが、全部が日本と違っていた。

しかし、何よりも印象に残っているのは。

私が滞在中に、中国国内で、反日デモが起きていた。

ということだ。

 

デモの日は、コーディネーターの方から私たち参加者に、無用の外出は避けるようにという伝達はあったが、売店のおばちゃんも、交流した皆さんも特にいつもと変わらなかった。

そしてデモに遭うこともなく無事日本に帰国した。

 

でも、日本では大きなニュースになっていて周りから「大丈夫だったか」と聞かれた。

帰ってからニュースでデモの様子を見て、「同じ国にいたのか」と疑いたくなったのと同時に、大げさだが、日本が伝えている中国の姿だけが真実ではないと思った。

日本人の見ている中国は、日本人の目線から一面的に見ていると思った。もっと多様性のある国なんじゃないの、と。

偏った目線のみで世界を見ていることに危機感のようなものも感じた。

 

これが本気で中国語を勉強するスタートラインだった。

 

今は、少し中国語ができるようになり、あちらの人と交流できるようになった。

新しい視点を不完全ながら手に入れられ、日本を外側から見られることにも気づいた。

まだ完全に理解はできてないと思うけど、もっと深く広く中国を見られるようになりたい。だからこれからも中国語は続けていきたいと思う。

ビッグイシュー日本版

今日久しぶりに「ビッグイシュー日本版」を買いました。

350円で路上販売されているペーパーブックです。

路上?と訝しむ人もいるかもしれませんが、記事はとても示唆に富んでいます。


売られている方もとても明るくて、尊敬してしまいます。

「これが今日最後の一冊です、これで帰れますー!」

今日の方は、こう言って売ってくださいましたが、極寒の中、立ちっぱなしはとても辛いと思います。本当にお疲れ様でした。


内容は、環境問題や地域社会での活動について特集されていたり、有名人のインタビュー記事があったり。映画の記事もあります。

今回私が買ったのは、パディントンが表紙でした。


私はこの冊子の中で、特集記事が好きです。

あまり年の変わらない方々が、工夫しながら地域の中で生き生きと取り組みをしている様子が垣間見れるからです。

自分は今の状況から身動き取れないように思っているけど、実は世界はそうではない。工夫や発想の転換、勇気があれば自身で道を切り拓いて、より自由な選択ができるのだと思わせてくれます。


今回の特集記事は「小さな図書館」についてでした。

日本各地で(公立図書館ではなく)個人が運営している図書館の取り組みや、運営されている方の思い、図書館のコンセプトが紹介されていました。


本が好きで、図書館の司書さんになりたいと思っていたことのある私は、素直に「いいなあ」と思ってしまいます。

紹介されている皆さんが、充実感を持って図書館運営に取り組まれている様子も伝わってきて、心が温かくなる記事でした。


このビッグイシューは、購入したお金の一部が、路上で生活されている方の自立資金となる仕組みです。

今回、巻末近くに販売者が減り、会社が赤字を出しているという記事を見つけました。

私は販売時間に行き会えば買うのですが、長く買えていなかったため、今日初めて知りました。


なくならないでほしいです。

ネットやテレビだけでは得られない情報が得られますし、微力ですが、直接売り子さんの力になれると実感させてもらえるからです。


自立ができたことで、売る方がいなくなるのはいいことかもしれませんが。

まだ雑誌を売ってらっしゃる方がいる限り、この会社が存続できるよう、私は微力ながらこの雑誌を買い続けていこうと思います。

行ってきました、旅の記録 海外 初ひとり旅

12月はじめに受けたHSK4級受かってました!

 

そして2017年末、とうとう台北への、初の海外ひとり旅を敢行しました。

行く前に立てた目標は、いくつか達成できました。

無事旅程も終えられました。ひとまずほっとしています。

 

 

1日目は深夜便で台湾へ向かいました。

 

日付が変わってから桃園国際空港へ到着。

飛行機が遅れたので、台北のホテルに着いたのは、3時を回っていました。

そのままチェックイン、就寝。

 

2日目から行動開始。

台北駅からMRTで龍山寺へ。

f:id:ottoriyuttari:20180107141428j:plain

赤瓦の屋根や極彩色の模様がとても異国らしいお寺でした。

 

次に隣接する剥皮地区へ。

f:id:ottoriyuttari:20180107141712j:plain

 

f:id:ottoriyuttari:20180107141802j:plain

小さいですが、こちらも赤煉瓦で風情のある街並みでした。

 

それからお昼を食べて、台鐵の萬華駅から、今回の旅の一番の目的地、鶯歌に向かいました。

f:id:ottoriyuttari:20180107142133j:plain

駅の外観。

鶯歌老街に向かいたかったのですが、こちらの、反対側の出口に出てしまいました。

 

気を取り直して出発。

 

ほんとにここであってるのか、と心細く思いながらも西へ。

 

無事にたどり着きました。少し坂道を登ります。

f:id:ottoriyuttari:20180107210641j:plain

お店がたくさんあって見ごたえがありました。

 

少し歩き、新北市立鶯歌陶瓷博物館へ。

 f:id:ottoriyuttari:20180107193319j:plain

こちらも街中を歩いて行くので、途中で不安になりました。

日本語の音声ガイドをインフォメーションでお借りして見学しました。

 

一階は古代の製陶や、土、窯の模型、装飾方法、施釉、焼成の展示でした。

技法は日本と共通のものでも、専門用語が中国語でイマイチ頭に入りませんでした。ガイドをお借りして正解だったと思います。

 

でも日本の陶器と同じような作り方をしているのが分かって面白かったです。

 

二階は、台湾における近代陶芸の歴史のブースがありました。

日本の植民地時代に、日本の製陶方法が伝わり、鶯歌の製陶に影響を与えたそうです。

日本が台湾に貢献した部分があると実感できてほっとしました。

 

比較民族学のような展示ブースもありました。

陶器の形状に着目し、台湾のいろいろな民族の陶器が、カテゴリーごとにひとつひとつの台に集まって島のようになっています。

ひとつの島には、地層のように低い部分と高い部分があり、低い部分には作成年代の古い物が、高い部分には新しい物が展示されています。ひとつの島を見ることで、たとえば壺であれば、年代による壺の形状や技術の変遷と、各民族の壺の形の違いを一度に知ることができるようになっていました。

 

現代の陶磁器のブースもありました。

現代の産業に貢献している陶磁器という切り口で、電子機器の基盤に使われているセラミックの部品などが展示されていました。生活食器だけでなく現代の最先端の精密機器にも応用されていると示されることで、陶磁器産業の未来を感じられる内容でした。

 

三階はガイドがないのではっきり分かりませんでしたが、私が訪れたときは、現代作家の方の作品展示スペースでした。おそらく常設ではないと思います。

 

動線にわかりにくい部分があり(私だけ?)、少し行ったり来たりしてしまいましたが、とても見ごたえがある博物館でした。

今回は閉館間際まで館内を見ていたので、十分な時間がなかったのですが、屋外にも一般人が歩ける場所があるようです。

それほど入館料も高くありませんし、日本語のガイドもあるし、鶯歌に行く知り合いがいたら、おすすめしたいです。

 

その後、台北に戻り、一泊。

 

三日目は、朝ご飯を食べて、お昼前に空港へ行きました。そして帰りも飛行機が遅れました…。こんなもんなのでしょうか。

 f:id:ottoriyuttari:20180107215317j:plain

朝のコーヒー。とてもおいしかったです。

 

 

今回の旅行は、ごはんがとてもおいしくて、行ってみたかった陶芸の街にも行くことができて満足でした。

反面、中国語力の無さと、英語の必要性を実感した旅行でもありました。

 

中国語は、語彙とリスニング力が足りなすぎる…。ストローと言われても単語が分からず、聞き取れなかったりしました。しかも一語文とか三語文しか話してません。今後の課題です。

英語は、今回飛行機が遅れたので、遅延状況を知るために、アナウンスが分かるようになりたいと切に思いました。 また、私が中国語が分からないと、英語に切り替えてくださったりしたので、簡単な意思疎通ができるようになりたいです!

 

~~~~~~~~~~

最後に私が立てた目標とその結果を。

 

目標【食べる】 小籠包

残念ながら時間の都合で断念。次に行く機会があれば是非行きたいです。

 

目標【食べる】 牛肉麺

達成

2日目、龍山寺のお店でいただきました。牛肉がほろほろでスープもしつこくなくて、とてもおいしかったです。一杯80元でした。

f:id:ottoriyuttari:20180106094317j:plain

 

目標【食べる】  便當

 達成

f:id:ottoriyuttari:20180107211252j:plain

自助餐にて。箱に入らないくらい盛ってくれました。とてもおいしかったです。 

 

 

 目標【買う】  蓋碗

達成

鶯歌で見つけました。決め手は蓋の座りのよさと大きさです。胡蝶の模様が可愛い(*´-`)

380元ぐらいでした。

f:id:ottoriyuttari:20180106094406j:plain

 

目標【買う】 台湾茶

荷物がいっぱいになりそうだったので諦めました。台湾のお茶は本当に美味しいので少し心残りです。

 

 チェックインとチェックアウトを中国語でという目標も立てていましたが、すっかり忘れていました。チェックイン プリーズで済ませていました(^^;)

 

次に行く機会があれば、もっと中国語を話せるようになっていたいと思います。

 

旅の記録 海外 初ひとり旅

2017年が半分終わった頃、やりたいことリストを作りました。

それを来年の手帳に書きつけていました。その1つが今年中に、すべりこみセーフで叶えられそうです。


「海外旅行ひとり旅」


書くと、自分の見えてなかった欲求が意識されるような気がします。



まずは背中を(無責任に)押してくれた先輩に感謝を。


(先)「明日ボーナス入るんだ。早いねー」

(私)「へ、明日ですか」

(先)「旅行とか行っちゃいなよ」

(私)「…。たしかに!行けますね旅行!」


この一言のおかげで旅行の計画を立てられました。ありがとうございます。


今回は台北に行きます。


飛行機の予約をするのも海外のホテルに1人で泊まるのも初めてです。

インターネットで、どきどきしながら予約しました。ネットがなかったら、チキンな私は渡航まで踏み切れなかったでしょう。


日程は2泊2日、仕事終わりに飛んで、日付が変わってから到着、2日滞在して2日目のお昼に帰る予定です。


クレジットカードの付帯保険を調べたり、目的地に行く方法を調べたり大変でしたが、報われると思うと、やはり嬉しいです。


↓日程と計画↓


1日目

仕事終わりに空港へ行く。そのまま深夜便で台北へ。1泊目のお宿に宿泊。


2日目

朝ごはん、チェックアウト。

龍山寺観光。台鉄で鶯歌へ。鶯歌観光。

夕方には台北へ戻り2泊目のお宿へ。宿泊。


3日目

チェックアウトしてお昼前に空港へ。帰途。



行くにあたって目標をいくつか立てました。

食べる

小籠包を食べる

牛肉麺を食べる 

台湾の便當を買ってみる


買う

蓋碗を買う

台湾茶を買う


その他

チェックインとチェックアウトは中国語を使ってみる


達成できると嬉しいな。帰って見返していくつ達成できてるやら。